転職を成功させるために気をつけたいこと2選


今では、新卒で入社しても、そのまま一つの会社で定年退職を迎える人は珍しくなってしまいました。というのも、若い人は早い段階で会社に見切りをつけることがあったり、人間関係がイヤになって辞めてしまことが少なくないからです。そのほかにも、年齢的に限界を感じてしまったり、疲れてしまったりして、転職を考える人もいますよね。

いずれにせよ、いつ何時転職活動を余儀なくされるか分からないのが現実です。テレビCMでも転職サイトのものが多いのも、そういった社会背景があってのことだと思います。

今回は、そんな、転職活動を成功させるために気をつけたいことを3つ、ポイントを搾って、お話させていただきたいと思います。

転職成功のポイント1 志望動機

①志望動機が具体的か、説得力があるか?

私の場合、職業訓練校に通いながら、ハローワークを通じた転職を行いましたが、ほかにも、転職サイト・転職エージェント・マッチングサイトいずれの方法でも転職活動をすることができます。

そんなとき、自分の志望する企業に打診をして、無事に書類選考に通過し、面接の日取りが決まったとしても、その間にやるべきことはたくさんあります。

なかでも大切になってくるのが、志望動機を明確に語ることができるかどうか、またその話に説得力をもたせることができるかどうかといった点です。

自分の言葉で自分の強みを語れるか

何もその企業が第一志望でなくとも、転職希望者は複数の企業の求人に応募することになるのが一般的です。

だからこそ、どの企業にでも使い回せるような志望動機を作ってひとり語りしてしまいがちになってしまうのです。

どうしても、その企業でなければならない理由であったり、その企業に自分が就職することができた場合、どのように戦力となれるか、長所を活かすことができるか、また、成長していく気持ちがあるかをはっきりさせなければ、採用してもらうことは難しいと言えます。

ですから、よくある面接のハウツー本の正解例のようなものを流用するのではなく、自分の言葉で語ることがポイントとなってきます。

どこにでもあるありふれた志望動機よりも、ちょっと砕けていても熱意ある気持ちの入った志望動機の方が採用担当者の心に響くからです。

転職成功ポイント2 自己分析

②企業研究だけでなく自己分析も重要です。

企業のことはホームページなどを見れば理解できますし、実際自分が従事することになるであろう業界についてはある程度研究して面接に臨まれることかと思います。

ですが、肝心な自分のことについてあまり分析をしないでいると、意外なところに落とし穴があったりします。

具体的には、心理テストのようなものを受けて、その結果で不採用になってしまったり、面接時に思いもよらない質問をされることがあるからです。

面接で冷静で柔軟な対応ができるか

いかがでしたか?新卒就職とは違って、社会経験があるからこそ、企業も面接では奇をてらったような質問を投げかけてくることもあります。

それは、トラブルやアクシデント、思いがけない事態が起こっても、臨機応変に考え、柔軟に対応できるかどうかを見ている可能性があります。

うろたえることなく、緊張しすぎることなく、自分自身をしっかりとアピールできるかが成功の鍵となることは間違いありません。

以上、2つのことを意識して、転職活動を乗り切ってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です