【転職活動者必見!】転職を成功させるための5つのポイント

「今の仕事に満足していない」「もっと良い条件のところで働きたい」など、転職を決める理由は人それぞれ。

理由はどうであれ、転職はスムーズに進めたいものですよね。そこで、今回は転職を成功させる5つのポイントをご紹介します。

スケジュールはしっかりと

ポイント1:退職前にスケジュールをしっかりと確認する

仕事の無い失業期間はできるだけ短い方が良いですよね?

転職活動は退職してからではなく、退職前から始めることをオススメします。

次の職場の候補をピックアップしたり、退職後に必要な手続きをチェックしたりと、退職前からできることはたくさんあります。

転職後の具体的なキャリアイメージ

ポイント2:転職活動を始める前に転職後のイメージを具体的に描く

なんとなく転職活動を始めるのは禁物です。

働く上で譲れない条件や転職後にこうなりたいというイメージを、まずしっかりと思い描いてください。

そうすることで希望に見合う企業を見つけやすくなったり、転職活動をスムーズに進めたりすることができます。

社会人としてのマナーを見直す

ポイント3:初心に戻って社会人としての基礎をしっかりと見直す

社会人を経験しているからこそ、社会人としての基礎は身についていて当たり前という視点で、企業側に見られます。

面接時の姿勢や身だしなみ、言葉遣い、応募書類の丁寧さなど、新卒者以上のレベルを求められることを忘れないでください。

転職サービスを活用する

ポイント4:いろいろな転職手法を組み合わせる

インターネットが普及している今、面接に至るまでのルートは様々です。

地元の職業安定所だけでなく、転職サイトやリクルートエージェントを活用することもできます。

企業によってはSNSで採用情報を発信しているところもあるので、直接企業とやりとりをすることも可能です。

選択肢を増やすことで、スピーディーに面接までたどり着くことができます。

自分の強みをアピール

ポイント5:自分の経験だけではなく、その経験をどんなことに活かせるかをアピールする

社会人を経験してきたあなたに求められるのは「即戦力」です。

これまでの経験をただアピールするのではなく、その経験をどんなことに活かせるかをきちんとアピールしましょう。

面接時に、企業側は「この人を採用したらこんなメリットがある」とイメージできた方が採用される確率がアップします。

ポイントを見直して転職活動を成功させよう

以上、転職を成功させるための5つのポイントでした。

「こんなこと?」と思うようなことでも、1つ1つ丁寧に取り組むことで転職活動成功への近道になるかも知れません。

ポイントをしっかり押さえて、自分の希望に見合った素敵な企業に転職できるよう頑張ってくださいね。

成功体験・失敗体験から学んだ面接攻略のコツ

世の中には就職面接の攻略本が数多く出版されています。

質問されやすい項目がずらりと並べられ、その質問の模範解答が丁寧に書かれている…そんな本を、誰しも手に取ったことがあるのではないでしょうか。

私もそんな中の一人でした。「自分を色に例えると何ですか?」「あなたの趣味と特技について教えてください」そういった質問に、マニュアルと見比べながら自分の答えを書き、それらの答えを丸暗記して面接に臨む。

このような面接対策をしている方は多いと思います。では、このような対策は本当に有効なのでしょうか。

自身の体験から、私なりにその答えをお伝えしたいと思います。

面接攻略本はどこまで通用するのか

 転職活動がはじまり、私は様々な企業の1次面接を受けました。

簡単な志望理由と自己PR、長所や短所を作成したマニュアル通りにしゃべります。結果はほぼ合格、2次面接に進む運びとなりました。

迎えた2次面接は、役員面接でした。そこでも私は事前に準備していた答えをすらすらと話しました。

ほとんどの企業の1次面接は難なく通過することができたこともあり、この方法になんの疑問を持つことはありませんでした。

 しかし、届いた結果を見て愕然としました。

まさか…不採用通知の山

1次面接と打って変わり、ほとんどの企業から「不採用」の文字をたたきつけられたのです。最終面接に進むことができたのは2社のみでした。

私は焦りました。不採用になったのは役員の方に気に入ってもらえるような答えができなかったのではないか…そう考えた私は、最終面接までに面接対策本を新たに2冊購入しました。

どのような質問がきても焦ることなく受け答えができるよう何通りもの質問パターンを考え、考え抜いた文章をどもることなく話せるようにすることに必死になりました。

迎えた最終面接。予想外の質問が来ることも、焦って無言になることもなく、どちらの会社も個人的には好感触で終えることができました。しかし、採用の通知は届きませんでした。

受けた会社全てに不採用を言い渡されたのです。

なぜ完璧な面接が不採用になってしまったのか

 すべて不採用。このような結果になったのには絶対に訳があるはず、と考えた私は、改めて自分の面接の仕方を見直すことにしました。

何枚もの紙にぎっしり書かれた質問への答えを眺めているとき、家族に1言、こう言われたのです。「これ、本当に自分で考えて書いた答えなの?」と。

ハッとしました。

「正しい答え」だけ求めていて「私自身の答え」が全く書かれていませんでした。気に入ってもらえるような当たり障りのない回答しか私は喋っていなかったのです。不採用通知の山はそういった私の本質が見抜かれた結果だったのです。

自分の生きた意見を伝えよう

 それから私はもう一度はじめから転職活動をやり直しました。

今度は全て自分の考えを伝えるように、自分の答えを言うように心掛けました。時には相手の望んでいる答えとは異なることを話したこともあります。

が、とにかく私は「自分の生きた意見」と語るよう心掛けました。

 その結果、なんと3社から採用をいただくことができました。これは全て、私自身の正直な意見を述べた結果だと思います。

採用担当者はあなたを見ている

これから転職活動を行う方には、マニュアルに縛られず自分の意見・考えを大切に面接に臨んでほしいと思います。

転職エージェントを利用して転職を成功させるポイント3つ

「もっと自分自身にあっている仕事があるのでは。」,「もっと自分を必要としてくれるところがあるのでは。」,「もっと今までの経験,スキルをもっと活かしたい。」,「給料をもっと上げたい。」,「土日が休みの仕事が良い」など様々な理由を抱えている社会人は多数いると思います。

しかし,いざ転職サイトには登録したけど,実際に転職活動をするとなると,仕事の合間をぬって転職活動するのは大変だからという理由で諦めている方も多いと思います。

転職エージェントを利用すれば,具体的には,自分の希望する企業の選定,書類の書き方の指導,給料交渉や面接に向けてのサポートなどをしてくれます。

以下では,転職活動をサポートしてくれる転職エージェントを利用して転職を成功させるポイント3つを紹介したいと思います。(略)

まずは自己分析

転職を成功させるポイント1つ目は,「転職エージェントを利用する前に,自分自身やキャリアプランについて自己分析」をする必要があります。

転職エージェントは,あくまでも転職を希望する人のニーズを聞き出し,それに基づいて企業を選定してくれるのです。

また,転職エージェント会社に登録してから,専任のキャリアアドバイザーは数か月で結果を出そうと動いてくれます。

そうすると,自分自身の価値観やキャリプランについて一つの軸がないことには,企業の選定段階で紹介してもらっても応募する気がおきないなど,転職活動が前に進まないという状態になってしまいます。

そのため,転職エージェントを利用して転職を成功させるためには,登録よりも先に,「本当に転職という道を選んでいいのか。」,「自分自身のキャリアプランを実現するためには転職しかないのか。」,「転職するとして,どのような企業に入りたいのか。」など自分自身と向き合うことが必要になります。

キャリアアドバイザーとは密接にコミュニケーションを

次にポイント2つ目として,「キャリアアドバイザーと密接な連携」が必要となります。

転職エージェントを使えば,企業が探しているような人材であることをアピールするためのアドバイスをくれます。

例えば,書類審査でうまく通らない方であれば,「履歴書」や「職務経歴書」についてもアドバイスをくれます。

しかし,勘違いしてはいけないのはあくまでも書くのは転職者自身ということです。

誤字脱字のチェックやアピールできる言い回しについてはアドバイスをくれますが,様々な仕事の人と関わっているとはいえ,仕事の経歴についてすべてを知っているわけではないということです。

そのため,密接に連携とり,文書のやりとりやメールのやり取りだけではなく,「このようなことをここからアピールしたいのだがどうか」など自分から積極的に働きかけを行い,キャリアアドバイザーから積極的なサポートを受ける必要があるということです。

そのため,各段階において,密接に連携していくことがポイントとなります。

3ヶ月のスケジューリングが肝

次のポイント3つ目としては,「時間管理」です。

登録して,キャリアアドバイザーとの面談を終えて,その後転職活動のサポートは始まります。

そして,サポート期間は3か月を目途に行われます。

そのため,転職者自身がこの3か月間で結果を残せるようにスケジューリングを行うことがポイントとなります。

現在の仕事が忙しい時期に転職エージェントのサポートを受けても,転職活動に必要な情報を集めることができずサポートが終わるということになりかねないからです。

まとめ

上記のとおり,「転職エージェントを利用する前に,自分自身やキャリアプランについて自己分析」,「「キャリアアドバイザーと密接な連携」,「時間管理」のポイントを転職活動の参考にしていただければと思います。

転職を成功させるために気をつけたいこと2選


今では、新卒で入社しても、そのまま一つの会社で定年退職を迎える人は珍しくなってしまいました。というのも、若い人は早い段階で会社に見切りをつけることがあったり、人間関係がイヤになって辞めてしまことが少なくないからです。そのほかにも、年齢的に限界を感じてしまったり、疲れてしまったりして、転職を考える人もいますよね。

いずれにせよ、いつ何時転職活動を余儀なくされるか分からないのが現実です。テレビCMでも転職サイトのものが多いのも、そういった社会背景があってのことだと思います。

今回は、そんな、転職活動を成功させるために気をつけたいことを3つ、ポイントを搾って、お話させていただきたいと思います。

転職成功のポイント1 志望動機

①志望動機が具体的か、説得力があるか?

私の場合、職業訓練校に通いながら、ハローワークを通じた転職を行いましたが、ほかにも、転職サイト・転職エージェント・マッチングサイトいずれの方法でも転職活動をすることができます。

そんなとき、自分の志望する企業に打診をして、無事に書類選考に通過し、面接の日取りが決まったとしても、その間にやるべきことはたくさんあります。

なかでも大切になってくるのが、志望動機を明確に語ることができるかどうか、またその話に説得力をもたせることができるかどうかといった点です。

自分の言葉で自分の強みを語れるか

何もその企業が第一志望でなくとも、転職希望者は複数の企業の求人に応募することになるのが一般的です。

だからこそ、どの企業にでも使い回せるような志望動機を作ってひとり語りしてしまいがちになってしまうのです。

どうしても、その企業でなければならない理由であったり、その企業に自分が就職することができた場合、どのように戦力となれるか、長所を活かすことができるか、また、成長していく気持ちがあるかをはっきりさせなければ、採用してもらうことは難しいと言えます。

ですから、よくある面接のハウツー本の正解例のようなものを流用するのではなく、自分の言葉で語ることがポイントとなってきます。

どこにでもあるありふれた志望動機よりも、ちょっと砕けていても熱意ある気持ちの入った志望動機の方が採用担当者の心に響くからです。

転職成功ポイント2 自己分析

②企業研究だけでなく自己分析も重要です。

企業のことはホームページなどを見れば理解できますし、実際自分が従事することになるであろう業界についてはある程度研究して面接に臨まれることかと思います。

ですが、肝心な自分のことについてあまり分析をしないでいると、意外なところに落とし穴があったりします。

具体的には、心理テストのようなものを受けて、その結果で不採用になってしまったり、面接時に思いもよらない質問をされることがあるからです。

面接で冷静で柔軟な対応ができるか

いかがでしたか?新卒就職とは違って、社会経験があるからこそ、企業も面接では奇をてらったような質問を投げかけてくることもあります。

それは、トラブルやアクシデント、思いがけない事態が起こっても、臨機応変に考え、柔軟に対応できるかどうかを見ている可能性があります。

うろたえることなく、緊張しすぎることなく、自分自身をしっかりとアピールできるかが成功の鍵となることは間違いありません。

以上、2つのことを意識して、転職活動を乗り切ってくださいね!

そんな事で第一志望の企業に落ちる?!職務経歴書の書き方!

私は現在、転職エージェントと転職サイトどちらも併用しながら転職活動をしています。

それがまた、しんどくて…。

私は営業から内勤へのジョブチェンジを望んでいたのですが、スキルを全く持っておらず、エージェントもてんてこ舞い…。希望職種での採用を勝ち取ることはかなり難しい。気づけばエージェントも呆れて連絡をしてくれなくなる始末…。

しかし!

エージェントから教えてもらった履歴書や職務経歴書の書き方で書類選考は通過しやすくなったのも事実。

そこで、そのエージェントさんに教えてもらった履歴書、職務経歴書の書き方についてご紹介しようと思います!

職務経歴書に何を書くか

「実はとても簡単なことだった」

職務経歴書というと、実績や明確な数字を持って書いていくイメージ。時系列に自分がどんな仕事をしてきたのか、どんな成果をあげたのか。

そして、面倒なのが、どういったスキルが身につき、どんなことを差別化できるのか。を記載すること。

いやいや…そんなこと書けたら転職活動でエージェントなんて頼らないっすよ…笑

なんて、思っていたんですが意外と簡単なんです。

職務経歴書は主観で書いていい

実際いいことを書ければ、それに越したことはないんです。でも、書けないから悩んでいるわけですよね。

いいんです。

素直に実績が大したことないことを書いても!

いいんです。

自分にとってどう感じたかの主観で!

(※ただしネガティヴな事はNGです!)

「っえ、でもネガティヴな理由があって転職するのに…?」

そうなんですよね!不満がないなら転職なんてしないんですよね!でも、不満以上にあなたを待っている環境はあなたを変えて成長させてくれると思いませんか?

それを強調してエピソードを持っておくんです!

たったそれだけで、暗い職務経歴書も少しは印象が変わると思います。

履歴書はもっと自由に

次に履歴書について。

モノによっては、志望動機を記載するものがあったり…

私はもう現在の私という事実意外を記載するのは面倒なのでそう言ったフォーマットは一切使いません!

横着?ええ!そうです!

転職活動は新卒の時とは違ってたくさんは選考は受けないかもしれません。

しかし、私の場合はジョブチェンジ。

未経験からのスタートで、スキルなし。

そうなったら書類選考を通過することが優先。

量で勝負なんです!

転職活動は目的を持って前向きに

そんなんじゃ、いい会社になんて受からない。

今更何を言ってるんですか?

あなたが今いるそこはいい会社ですか?

何がしたいですか?

私は今の仕事を辞めたいです!

もちろん、いい条件で!

内定を頂いてから吟味させていただきます!!

転職活動は人それぞれです。

このやり方が合わない人も必ずいます。

それでも、ただ悩んで悶々として前に進めずにいるのなら少しでも参考にしてもらいたいです。

あなたと私に、いい仕事が待ってますように!

いい仕事ができる人間でありますように。

ありがとうございました!